親子コンサート

毎年秋にピカリン(二本松はじめ氏)の親子コンサートが保育園である。
この町には全部の保育園の父母の会の総本部みたいなものがあり、そこの主催で行われている。
個々の園ではピカリンを呼べないけど、町すべての父母の会でお金を出し合えば実現出来るんだそうだ。
市との合併でこの父母の会総本部が無くなる可能性がありコンサートの開催も危ぶまれていたが、市がこの会の存続を認めてくれたので今年も開催された。
コンサートは午後2時半からで、最初の年は仕事中だし正直言って行きたくなかった。
欠席の返事を書いて保育園に出したら
「父母の会が頑張って行っているものなんだから何とか都合をつけて下さい」
と先生に強く言われて渋々行った。
案の定、音が大きいのでみーは怖がり全然楽しそうじゃなかった( ̄- ̄;)
他にも嫌がって庭で遊んでいる子もいた。
でもみーも大きくなるにつれ段々と怖がらなくなり、楽しめるようになった。
親子でペアになり歌を歌ったりゲームをしたりするんだけど、親がどうしても来れない子がやっぱりいて先生とペアを組む。

今年のゲームは山姥ゲーム。
隅で静かに見ていた給食の調理師が最初の山姥役に引っ張り出されてしまい、皆で大笑いした。
「みんなどこへ行くの?」
「ゲンゴロウ池にゲンゴロウを取りに」
「私の名前を知っているかい?」
「やまんば」
「え?何だって?」
山姥は耳が遠いのでみんなで近づいてもう一度言う。
「山姥が好きなものを知っているかい?」
「こ・ど・も♪」(と可愛く言う)
「食っちまうぞー」
と山姥が襲いかかって来るので壁まで逃げる。
逃げ遅れた人がつかまり、山姥にされてしまうというお遊びだった。
山姥が10人くらいになったらおしまいで、みーと私は無事最後まで捕まらなかったd(´∀`)

コンサートの後は父母の会会長が挨拶するんだけど、下の子が嫌がって途中で退席してしまったので代わりに書記の人に挨拶した。
書記の人は急に園長先生から言われて慌てていたよ(´へ`;)
役員は早く来て飾り付けやピカリンにお茶を出したりしなければならない。
コンサートの後は絵本やCDの販売とピカリン接待と二手に分かれて仕事があるのよね。
昨年はその後はバザーの打ち合わせをした。
今年はバザーが無いけど、やっぱり役員は大変だわ。
[PR]
by mittino38 | 2006-11-02 13:05 | 育児