意外な経歴

今朝も登校班で行きました。
尿漏れは今のところ初日だけです。(しかも実際は出ていなかったし)
でも、靴を履こうとする時に
「トイレに行きたい」
と慌ててトイレに駆け込んではいます。
やはり、登校班がちょっと不安なんでしょうね。
1年の時の傷を、まだ引きずっているのでしょう。

学校では初日から尿漏れはないそうです。
別のクラスにしてもらったからでしょうね。

今度の校長先生は、前任の先生とは全然違うタイプのようです。
教務の先生が教室に来て
『校長室はいつも開けてあるので、来たい時に来てください。校長先生は来たばかりで、この学校のことがわからないので、どういう学校なのか話して教えてほしいそうです』
と校長先生からの伝言を伝えたそうです。


今朝も集合場所までは送っていったのですが、そこで2年生のお母さんから意外な話を聞きました。




娘の担任の先生のことを知っている、と言うのです。
先生の奥さんの実家が、そのお母さんの家のすぐ近くなんだそうです。
「その人、以前は教育委員会や役場で働いていた人なのよ。今年からは教師として、うちの子の小学校に赴任するって奥さんの実家の人に聞いていたんだけど…」

教育委員会!?
教育委員会の方から、娘の学校に先生を送り込んできたってこと!?!?

教育委員会では、Rちゃんのことをかなり問題視しているのではないでしょうか。
そして、学校側の対応も。
校長先生まで担当になりながら、結局Rママに対して何もしなかった学校側。
生活指導の先生まで、移動になったのは、窓ガラス事件だけではないのかもしれない。

娘が、『このことをお母さんやSちゃんに言ったら、殺すからね』とRちゃんから言われたことを、相談員の先生に話した時
「○○先生は、親にその事を言ったんでしょうかね?」
と言っていました。
相談員さんは、先生が本当にRママに、Rちゃんがしたことを伝え、注意しているのかを疑っているように思えました。
こういったことも教育委員会に伝えられているのかもしれないですね。

今年度はRママに対して、学校側から何か働きかけがあるのかもしれない。
ぜひ、そうなって欲しいです。
うちの娘、Xちゃん、Aちゃん、YOちゃん、そしてIちゃんのような犠牲者が二度と出ないように。
[PR]
by mittino38 | 2010-04-07 20:02 | 育児