Tomorrow is another day
mittino38.exblog.jp
by ミッチノ
プロフィールを見る
画像一覧
休止中
Top
<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
|
2010年 12月 27日 |
2学期の成績は上がっていました。
なんと◎が3つも増加(国語が2つ、算数が1つ)で、うちの娘としたら上出来だわ。

しっかし、生活態度の『基本的な生活態度』が相変わらず△で、1学期と似たようなことが書かれていました。
1つのことに集中せず、気が散りやすいとかね。
1学期と同じように、一応注意したけれどねぇ~
これは生まれながらの性格だろうし、注意したところでなかなか直らないだろうなぁ。
2年生の1学期から、いつも同じようなことを書かれているし。

ちょっと前のことだけど、娘が
「今日、先生にほめられたよ♪」
と喜んで帰ってきた。
先生に『R郎君は、人を笑わせることを言うから面白いけど、○○さん(娘のこと)は、自然にしていて面白いね。』と言われたんだそうだ。
褒められたねぇ…
天然
という言葉はうちの娘のためにあるんじゃないか、と思ってしまいました。


さて、クリスマス。
娘にはもうサンタの正体はバレています。
「去年も本当は知っていたけど、サンタさんからプレゼントを貰いたかったから、嘘言った。」
などと、信じていたことが恥ずかしくて?言っていますが、去年は疑いつつも信じていたと思うな。
サンタは信じなくなってしまったので、プレゼントはもう2週間以上前に、前倒しで買わされました。
なのに、クリスマスイブには
「サンタさんからも、プレゼント欲しい。安いのでいいから」
などと、欲張りなことを言っているのよ。

今年のプレゼントは
『シルバニア あかりの灯る大きなお家』
でした。
3年生になってから、娘はシルバニアを集め始めました。
Iちゃんや、Dちゃんも集めているらしい。
プリキュアの毎年同じような、単純な割には高価なオモチャよりいいと思うし、夫も、ゲームより良い、と言ってます。
女の子らしくて、可愛いくていいんだけど、おばあちゃんから小遣いをもらうと、殆どシルバニアにつぎ込んでいるので、すごい量になってしまったのよ。
時計台のある学校、おふろセット、勉強机セット…
私なんか、見ているだけで頭痛くなりそう(私は細かい物を見ていると、目が疲れて頭痛くなってくるのよ)。
c0048004_20121764.jpg

全部でこの写真の3~4倍あるかな。

今日、やっとすべて年賀状を出し終えました。
娘、まだ1枚しか書いていません。
Mちゃんちで賀状を1枚貰って、Mちゃん宛てに書いただけ。
昨年、「赤やピンクは大好きな色だから、先生の年賀状には塗りたくない。来年はアッカンベーって書いてやるんだ」と言った娘。
昨年の担任の先生には書かないそうです。
もう、娘の学校にはいないしね。
今の担任の先生には出すと言っています。
[PR]
by mittino38 | 2010-12-27 20:14 | 育児
2010年 12月 22日 |
Sママとの話合いに、やや消極的な学校側の態度。
話合いまで何とか漕ぎつきたいけど、どうしたら良いだろう。
考えて思いついたのが児童民生委員の方。
昨年も、相談したら児童指導の先生が動いてくれて、Rママに注意をしてくれた。
委員の方は以前、小学校の先生をしていたせいか、学校には結構影響力があるらしい。
と思っている時に、ちょうどその委員さんがうちに車の修理に来てくれたのよ。
渡りに船、とはこの事だわ。

早速、今までの出来事を話してみました。
そしたら委員さんも、相談員さんと同じ意見でした。
何人かの先生に立ち会ってもらって、Sママと話をした方が良いのでは、と言ってくれました。
委員さんは2月に学校に行く予定があるので、その時に話してもいいし、もっと早くして欲しかったら、学校に電話してくださるそうです。
良かった~、少し安心できたわ。

「1月になっても、何も進展が無いようでしたら、また私に連絡して下さい。」
と相談員さんは言っていました。
なので、1月になっても何も学校側から話が無かったら、まず相談員さんに電話して学校に言ってもらい、それでも話合いに漕ぎ着けなかったら、委員さんにお願いしようと思ってます。
そして、それでも駄目だったら最後は弁護士かしらね。
[PR]
by mittino38 | 2010-12-22 09:33 | 育児
2010年 12月 21日 |
義母が歩けなくなったので、介護認定の申請をしました。
介護認定は担当の先生の所見が必要なのですが、歩けなくなってから担当の先生に診てもらっていないので、次回の診察の予定を早めてもらい、木曜日に行ってきました。

担当の先生の話によると、背中にブロック注射をしたら、すぐに痛みが取れた。
いくらブロック注射でも、そんなに早くは効かないので、注射依存症ではないかと言われました。
その日、義母はヨチヨチと歩いて、自分で車に乗ったのに、先生には
「痛くて歩けないんですよ」
と真面目に悲痛な声で言うのよねぇ。
そして、ブロック注射の後に、幻覚が見えたと言い出した。
私にも義母は蛇が天井からたくさん降りてきてビックリした、と言ったんだけど、それは夢だろうと思っていたのよ。
それが、先生に言った話によると、寝ているときではなく、起きている時だったらしい。
「ブロック注射で幻覚が出る事は無いです。なるべく早く精神科に行った方がよいでしょう。」
と先生は私に言いました。

「無理はいけませんが、痛いからと言って動かないでいると、本当に歩けなくなりますよ。」
と先生に言われ、義母は焦ったようで、「歩けなくなったらたまらない」と言って、翌日から自分で歩く練習を始めました。
トイレも、行くようになったのよ。
そして、歩いてみたら結構歩けたので、安心したのか穏やかになってきて
「そろそろ家に帰ろうか」
と言い出した。

年内の精神科の初診受付が、翌日の金曜日が最終だったので、すぐに行きました。
そこで、整形で出している薬を見て
「この胃薬でも、幻覚が出ることもありますから、あまり心配は無いと思います」
と先生に言われました。
なんだ、そうなんだ。
その後、簡単な記憶力テストをしたけど、年齢を考えれば良い方だ、と言われました。
…ってことは、やっぱりあれだけ怒りまくるのは性格な訳ね~

家に帰ろうか、と言いながら、日曜日になっても義母は帰らない。
そして、日曜日の夜になって義母はまた怒り始めました。
あれこれと回りくどく話すのですが、要するに実家に私達が入らないのが気に入らないようです。
実家には、義兄が「自分がゆくゆくは住むつもりだ。」と私達には言っています。
なので、夫がそれを言うと、義母は義兄夫婦の悪口を言い始める。
義兄夫婦に入ってもらいたくないから。
いつものパターンです。
今まで、私はこの話には口出ししなかったのですが、今回はたまらなくなって言いました。
「誰が継ぐかは、こうやって二人だけで話し合うのではなく、義兄も含めて話し合わなくてはいけないんじゃないですか」
「お義兄さん達の悪口を言わないでください。私は悪口をもう聞きたくはありません」
義母は私の言うことは無視して、自分の言いたいことばかり夫に話していました。
そのうちに、娘がいたたまれなくなったのか、
「ママ、上に行って寝よう」
と言うので、2階に上がりました。

明日の御飯をまだ仕込んでなかったので、娘が寝た後、下に下りていくと、夫が1人で困った顔をして頭を抱えていました。
「パパが1人で悩んでも解決しない問題なんだから、もう寝たら」
と言うと、夫は上に上がっていきました。
義母は部屋に戻り、1人でブツブツ怒っていました。
私が上に上がるために義母がいる部屋の前を通ると「キィッ!」と悲鳴声を上げました。
義母は自分のわがままを押し通そうとして、自分を孤独な立場に追い込んでいる、としか私には思えません。

月曜日、義母は一応、家に帰りました。
1人暮らしは嫌だと、また来るかもしれませんが。
ところで、同じく1人暮らし私の母もこちらにしばらく来ることになりました。
もう86歳だし、買物の途中で腰が痛くなって歩けなくなり、近所の人に車で送ってもらったこともあったし。
兄嫁は同居を嫌がっているし、その上、胆石になって体調もあまり良くない様なので。
もしかしたら、私は2ババと同居!?
[PR]
by mittino38 | 2010-12-21 08:18 | 家族
2010年 12月 15日 |
土曜日、仕事が休みの義兄が見舞いに来ると、義母は
「痛い、歩けない、病院に連れて行け」
と大騒ぎした。
義兄は、一番近くの大学病院に行ったが、土曜日だったため、整形外科の先生がいなかった。
個人病院を紹介され行ったら、足の方の痛みは筋肉痛で、寝ていれば治る、と言われたそうだ。
入院してもいいけど、痛み止めを打って寝ているだけだから、家にいても同じだと言われた。
個室しか空いておらず、入院はお金がかかるからと、義兄はまたうちへ義母を置いていった。

義母は義兄に「トイレに行けないからおまるを買ってきてくれ」と頼み、義兄は夫に「大人用のおまるなんて、どこで売っているかよくわからないから、そっちで買ってくれよ」と振って来た。
そして、夫が私に振ってきたので、私はついに切れさせていただきました。
「私だって、大人用のおまるなんて買ったことないからわからないわよ。そんなもの義兄さんに買わせてよ。なんで私にばかり押し付けるの?! 犬だって押し付けているじゃないの(ジョンは元々は義兄が貰ってきた犬なのです)。 大体、お義兄さんも休みの日ぐらい、お義母さんの面倒を見てくれたってよさそうなものじゃないの。」
義兄の奥さんも、金曜日の夜にお菓子を持って、玄関先まで来ただけで、義母に会おうともせずに帰って行った。
まったくみんな無責任で、私に面倒なことは押し付けているのよ。
いい加減にして欲しい。

そして、土曜日からは、もう痛くてトイレに行けないからと、紙おむつを使用。
でも、日曜日の朝、私は見てしまった。
義母が膝で立って、サッシをわけもなく開けるところを。
トイレに行けない人が、そんなことが楽々と出来る!?
その後、義兄が様子を見に来た。
義母は義兄を見ると
「なぜ昨日、入院させてくれなかった。親を何だと思っている」
と大騒ぎ。
夫は、二日酔いで寝ていて、降りてこなかったため、
「2階で寝ていて降りてこないだと!? それなら私が言って話してくる」
と、なんと階段を歩いて上り(もちろんゆっくりとだけど)、後で自分で降りてきた。
そして
「紙おむつは嫌だから、おまると尿瓶を買ってきてくれ。トイレに行けないんだから」
と怒っている。
階段を上り下りできる人が、トイレに行けないはずが無いよね。

午後、義母の妹が見舞いに来ると、義母は怒りをぶちまけていた。
「入院するのに金が勿体ないと言うんだよ。金が無いと言うのなら、田畑を売って金を作ろうじゃないか。」
とまで言い出した。
義姉のことも文句を言っていたよ、一度も見舞いに来ないと。
妹が義兄に言ったらしく、その夜、慌てて義姉は見舞いに来けど、義姉は娘を迎えに行くからと、すぐに帰った。
娘は30過ぎているんだけどね。
義姉が帰った後も、義母は1人で怒り続け、結局、夫が部屋に行って2時間くらい説教を食らい、やっと大人しくなった。

気を送ってくれた友達に聞いてみたら、それは痴呆の始まりかもしれない、と言う。
周りの迷惑を顧みずに騒ぐのは、痴呆の始まりなんだそうだ。
ひどくなると、金を家族に盗まれた言い出したり、暴力を振るったりしたりするらしい。
痴呆は気では治らないようで、老人科に行くといいよと言われた。
元々、周りの迷惑を顧みずに騒ぐ人だったんだけどね。
階段を立って上ったし、火曜日に、荷物を家に取りに行った時も、壁を伝ってヨチヨチと歩き、自分で車に乗ったのに「歩けねえのはまったく情けねえなぁ」と言うのは、やっぱり痴呆かな、とも思う。
明日、整形外科に行くので、ちょっと聞いてみようと思います。
[PR]
by mittino38 | 2010-12-15 15:39 | 家族
2010年 12月 10日 |
火曜日の午前中まで、義母はいつものように畑仕事をしていたんだけど、午後になって急に腰や足が痛み出し、私がかかりつけの病院に連れて行った。
ところが、緊急オべで整形外科の先生は全員手術にかかりきりになっているので、診察は出来ないと断られ、明日の朝一に予約を入れてもらいスゴスゴと帰る。
でも、夜になって痛みが増し、市の医療情報センターに電話して、外科の先生がいる病院を教えてもらい、そこに駆け込んで、お尻に痛み止めの注射を打ってもらう。
いつもだったら、お尻に注射を打ってもらうと楽になるんだけど、その日は痛みが取れず、夜中の3時に夫の携帯に電話がかかってきて、夫が家に連れてきて義母をコタツで温めて一緒に添い寝した。

水曜日の朝、私がかかりつけの病院に行くと、「注射でも効かなかったのなら、座薬を入れましょう」と座薬を入れてもらった。
義母は一旦、自宅に戻り寝ていたが、夜になってまた痛いと騒ぎ出し、夫が救急車を呼んだ。
搬送先はかかりつけの病院で、そこで背骨に注射を打ってもらい、痛みが無くなり、義母は大喜びし、その日はうちに来て泊まった。
ところが、喜んだのもつかの間、また夜中の3時に痛いと騒ぎ出し、夫がストーブをつけて義母を暖め、また添い寝をした。

義母の長年の無理がたたって、骨が変形しており、それを治すのには手術しかないのだが、もう高齢で手術は無理。
常用している痛み止めを、これ以上量を増やすわけにはいかない。
入院させてもいいのだけど、入院すると自分で何も出来なくなるから、家に帰った方がいいのでは、と夫は言われたそうだ。
もう、現代医学では打つ手が無いわけだ。

翌日、私の友達が工場に修理に来てくれたのだが、その人は『気』を勉強した人だったので、義母の事を相談してみた。
友達は、治療してあげても良いよ、と言ってくれがが、夫は全然取り合ってくれない。
そしたら、義母に遠隔で気を送ってくれると言う。
これで、治ってくれればいいけど。

今日も、また3時頃騒いで起こされるのかなぁ。
こんなことが続いたら、夫も私も体が持たないよね~
と思っていたら、『気』が効いたのか、その日は起こされなかった。

這って、トイレに行き、「痛い」だの「死にたい」だの大騒ぎしていますが、前よりは元気そうになりました。
そして、うちにしばらくいるようです。
しょうがないけどね。
来週に、保健センターに行って、介護認定の手続きについて聞いてこようと思っています。
[PR]
2010年 12月 08日 |
2週間前の金曜日に、学校からのお返事を頂いて、翌月曜日にカウンセラーの先生に電話をしました。
カウンセラーの先生は
「それでしたら、私が学校にSママさんとの対話をどう考えているのかを、聞いてみます。」
と言われました。
木曜日に、担任の先生と自分のスケジュールがなかなか合わず話せないと連絡が来て、その後、今週の火曜日にやっと話が出来たそうです。
担任の先生は、最初は私達親子とS親子との間に何が起きたのかほとんど知らなかったけれど、他の先生方からいろいろ話を聞いて、今ではかなり詳しく状況を把握してくれ、心配はしてくださっているようです。
カウンセラーの先生からも、Sママに誤解され、Sちゃんからいじめられ、娘がどんな大変な思いをしたかを、担任の先生に話してくださったという。
そこは大変ありがたいと思いました。

先週の金曜日の懇談会は、仕事の都合で私は欠席しました。
翌日の土曜日に、子供会のクリスマス会と、合唱団の町のクリスマスイベントの参加があり、どちらも親の私が顔を出さなければならなかったので、金曜日の仕事を土曜日に回す訳にもいかず、行けなかったのです。
その懇談会では、自己紹介や(何を今更?と教えてくれたYOちゃんママも言っていました)親同士でゲームをしたりしたらしい。
親同士で交流を深めようという企画だったらしいですが、そんなことでSママとの一連のトラブルが解決するはず無いよねぇ。

ただ、その日に担任の先生はSママに、私との話し合いについて、どう考えているのかを聞いてくれたそうです。
Sママは話し合いについて、前向きの姿勢だったという。
そりゃそうでしょう。
Sママは、先生に2人で怒られるのはうちの娘のせいなのに、私がSちゃんが悪いからだと誤認していると思い込んでおり、それを私に悟らせたいと、2年の時の先生に話し合いを申し込んでいるのですから。

さて、その話し合いですが、Sママに意見を聞きながらも、やはり学校は消極的のようです。
12月中には先生の都合で出来ないし、来年になったらまた対策を考えたい、と先生は答えたという。

>来年になったら、また対策を考えたい。

話し合いじゃなくて、対策!?
これって、どう思う?
私は、学校はなるべく先延ばしにして、出来ればやりたくないのだと思います。
話し合いに学校は関わりたくなく、やりたいのなら個人的にやって欲しいと思っているのではないのでしょうか。
何故か?
Sママとの関係がここまでこじれたのは、2年の担任の先生の不手際が大きく影響しており、学校はそこを言われたくないのでは?、と私は思っています。

個人的に解決する…、私もそれは考えましたよ。
でも、YOちゃんママは、Sママとあまり付き合いが無いのでやりたくないと言うし、Sママと仲の良いAちゃんママからは「そういうことは先生に言った方がいいよ」と断られています。
もう、他に頼める人はいません。

こうなったら、もう弁護士さんにでも頼むしかないのかしらね。
Rちゃんにいじめられた時に相談した、児童民生委員の方にも相談して結論を出したいと思っています。
[PR]
by mittino38 | 2010-12-08 19:51 | 育児
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Lightyellow Heart Skin by Sun&Moon