Tomorrow is another day
mittino38.exblog.jp
by ミッチノ
プロフィールを見る
画像一覧
休止中
Top
サヨナラ、ジョン
2011年 02月 01日 |
今日から少しは暖かくなるという予報ですが、今朝の冷え込みは一番厳しかった感じがします。
この冬の厳しい寒さに犬も堪えられなかったのか…
娘が、学校でいじめられていた頃に、猿にいじめられ我が家に避難してきたジョンが29日に他界しました。
15歳と4ヶ月でした。

亡くなる2日前に、いつもは完食する餌を残したので、おかしいなと思っていたら、立ち上がれなくなってしまった。
そして前日は、口の所に餌を持っていっても、ペチャペチャなめるだけで食べない、と言うか食べれない様子。
牛乳を温めて飲ませようとしたが、やはり同じでペチャペチャなめるのに、ほとんど減っていかない。
夕方、夫と義母が獣医に連れて行き、栄養剤を注射してもらったけど、
「あと2~3日でしょう」
と言われ、ショポンとして帰ってきました。

暖めた方が良い、と言われたので電気座布団を入れてあげ、今までもかけていたんだけど、上に私が昔使っていた綿入りの半天をかけて寝かせました。
翌朝5時に夫が見に行き、すぐに戻ってきて
「ジョン、死んじゃったよ。もう動かないよ。」
とまだ寝ている娘に言いました。
私も見に行ったら、気持ち良さそうに寝ているように見えました。

昨年の夏までは元気だったのに、秋になったら夏の疲れが出たのか、急に年取った感じになり、ヨボヨボと歩くなるようになってしまった。
家族以外の人が来ると、大声で吠えていたのに、まったく吠えなくなったし、同じところをクルクルと周り、ひもに絡ったりするようになった。
犬小屋代わりに使っていた箱の中に、オシッコをもらしたりも。
11月頃、犬に詳しい友達にホームセンターでバッタリ会って、ジョンの様子を話たら
「そういうふうにシモの方がおかしくなってきたら、あと2~3ヶ月よ。」
と言われたけど、その通りになったわ。


娘が登校渋りをした朝、ジョンにミカンをあげ、パクッと食べたのを見て、娘は大笑いをし、それで気持ちがほぐれたのか、学校に行ってくれたことを思い出します。
その娘、ジョンが死んで落ち込むと思いきや、
「今度は猫を飼いたい」
と張り切っています。
すごく落ち込まれるよりはいいけど、ドライなヤツだわ。

写真は昨年の暮れに、サンルームの陽だまりで気持ち良さそうに寝ているジョンです。
c0048004_15291754.jpg

[PR]
<< 相談センターでの久しぶりの面接 PageTop 意外な友達が来た >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Lightyellow Heart Skin by Sun&Moon