整形外科へ

2ヶ月位前から、右手の中指と人差し指の指先がしびれていた。
手を枕にして寝たりしなかったのに、何でしびれているんだろう?と不思議だったけど、大したことないしそのうち治るだろうと気にしないでいたの。
でも、酷くもならないし、治りもしない。
夫に言ったら
「手のしびれは、脳梗塞の前兆だったりするんだぞ。早く病院に行けよ」
と脅されて急いで行った。ε=ε=ε= ┌(;;;;´゚ェ゚)┘
最初、近くの診療所に行ったら、わからないので町で一番大きい病院の整形外科へ行ってくれと言われる。

整形外科の先生の前で、手を握って見せたり握力を計ったりした後、首と手首のレントゲン撮影をしました。
そしたら手首には異常がないけど、首の骨が変形していると言われた。
首の骨に小さな棘みたいなものが出ていて、それが変形している部分なんだそうだ。
この棘が神経を圧迫して手がしびれることもあるらしいけど、それならもっと広範囲に痛くなったりしびれたりするので、これが原因ではないそう。
血液の流れが悪くなっているのが原因かもしれないから、流れを良くするビタミン剤を1ヶ月飲んでみて、また来て下さいとのことでした。

首の骨の変形、っていうのがちょっとショックでネットで調べてみたら、老化現象の一種で50代以上は70%もの人に見られるらしい(´ρ`)
肩こりでコリをほぐすために、首をコキコキ鳴らすのも骨に負担をかけて、老化を促すそうで良くないそうです。
私は小学生の頃から目が悪いせいか肩がよくこったから、よく鳴らしていたのよねぇ(´・ω・`||)
首の筋肉を鍛える体操をすると、この症状が改善されることがあるそうで、これからやろうと思ってます。
私は見なかったんだけど、『たけしの本当は怖い家庭の医学』でも取り上げられたことがあるみたいで、バックナンバーが参考になりました。
見たい方はこちら
[PR]
by mittino38 | 2009-05-14 11:41 | ひとりごと

休止中


by ミッチノ
プロフィールを見る
画像一覧